【口座開設】XMで日経225など株式指数取引をおこなうメリットとは?

XMというとFX取引をメインとした海外業者といったイメージがあるかもしれませんが、実は日経225などの株式指数の取引をおこなうことも可能です。

また、XMを利用すればレバレッジが国内業者よりも高い、追証がないといったメリットもあり、株式指数をトレードするにも有利な点がたくさんあります。

今回は、そんな日経225をはじめとした株価指数取引についてご紹介していきますので、ぜひこれからXMの口座開設をおこなおうと考えている方もご覧になっていってみてください。

スポンサードサーチ

XMで口座開設をすれば日経225など株式指数取引も可能

XMで口座開設をする

XMは888倍のハイレバレッジや追証なしのゼロカットシステムなどといった特徴を持ち、日本人からも人気を集めている海外のFX業者のひとつです。

基本的には主要通貨ペアのFX取引をおこなう際に利用するトレーダーが多い印象があるかもしれませんが、実はXMは日経225をはじめ各国の株式指数をトレードすることもできます

ちなみにXMの株式指数取引には現物と先物の両方がありますので、好みのものを選択することが可能です。

おおまかに言えば株式指数先物取引の場合は、株式投資と違って現物との交換がなく、必要な証拠金さえ保有していればポジションを持つことができるというのが魅力的な部分だと思います。

そんな株式指数取引についてですが、XMを利用するとどういったところがメリットに感じられるのかをご覧いただきましょう。

<XMで日経225など株式指数取引をおこなうメリット>

  • 国内業者よりもハイレバレッジでの取引が可能
  • 必要な証拠金が小額から始められる
  • 小額・短期の運用なら手数料が安い
  • ロスカットの水準が低い
  • なんといってもゼロカットシステムがある

上記のようなメリットがXMにはあるのですが、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

国内業者よりもハイレバレッジでの取引が可能

国内のFX業者を使って日経225などの株式指数取引をおこなう場合、レバレッジは最大でも10倍から20倍程度なわけですが、XMではなんとその10倍から20倍のレバレッジである200倍を用意しています。

このことからも圧倒的に少ない証拠金で取引が開始できるということもあり、XMは選ばれているわけですね。

必要な証拠金が小額から始められる

ちなみに実際の金額で見るみると、利用する国内業者ごとの必要最低ロット数にもよりますが、XMなら最低100円~200円程度からポジションが保有できるのに対して、だいだい国内業者の場合は数万円が必要となります。

こう見るとやっぱりXMが低資金から始められるFX業者であることが分かりますね。

小額・短期の運用なら手数料が安い

XMと国内業者とで日経225の株式取引指数を売買する際、大きな違いは手数料があるかないかといった部分です。

国内業者ではスプレッドがない代わりに手数料が発生し、XMでは必要証拠金が少ない代わりにスプレッドが発生します。

そのため、小額・短期での株式指数取引であればXMの方がトータルの手数料が安く、長期的な視点で見ると国内業者の方が手数料が安くなる可能性があります。

こうなるとXMの方が優れているのか?という疑問が生まれますが、そもそも前述したとおりXMの方が必要証拠金が少なくて済むというメリットがありますので、多少のスプレッドが発生したところで支払う手数料は微々たるものです。

ちなみにXMでの日経225の先物・現物のスプレッドはだいたい10円~20円程度といった価格ですので、そこまで気にするレベルではないことが分かっていただけるのではないでしょうか。

ロスカットの水準が低い

XMと国内FX業者の違いでかなり大きいとされる部分はロスカット水準です。

XMでは必要証拠金の維持率が20%以上あればポジションを保有することができますが、国内業者の場合はだいたい50%ほどがロスカット水準となっています。

たとえばXMであれば日経225の価格が20,000円で証拠金として1万円が口座に入っている場合、指数が80円ほど下落するまでは強制ロスカットの対象にはなりません。

しかし、国内FX業者であれば含み損が証拠金維持率100%を割り込むとすぐに追証が発生し、追加入金をしなければすぐにロスカットされてしまいます。

どちらが長くポジションを保有できるか一目瞭然ですから、やっぱりXMを利用した方がお得ですよね。

なんといってもゼロカットシステムがある

上記のロスカットに付随する話としては、XMにはゼロカットシステムというものがあり、追証が発生する前に強制的にロスカットをしてくれるので追加入金をする必要というのがありません。

また、ある程度必要証拠金に余裕があればほぼロスカットされることもなくポジションを持ち続けられるので、値動きが予想より多少マイナスに傾いたとしても勝手に決済されて損が発生するというリスクを最大限に抑えてくれています。

まとめ:XMで口座開設をすれば日経225などの取引が優位に進められる

XMで口座開設をする

ご覧いただいたようにXMで口座開設をすれば日経225などの株式指数取引が可能で、さらに国内FX業者を利用するよりもメリットがたくさんあります。

特に低資産でトレードをしたいという方にとっては非常に魅力的でもありますので、ぜひXMの利用を検討してみてください。

ちなみに現在国内業者を利用しているという人がXMへと切り替えた場合、さらにXMの良いところが見つかると思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です